森林生物 ウスイロサルハムシ(スギハムシ)



更新日:2020/03/18
和名:ウスイロサルハムシ(スギハムシ)
学名:Basilepta pallidula  Baly
    コウチュウ目ハムシ科
分布:本州・伊豆八丈島・四国・九州・中国南部
説明
成虫の体長3.3-3.9mm。全体光沢のある黄褐色。卵は落葉などに塊状(卵塊あたり2~40卵)に生まれ、幼虫は土中で暮らす。成虫はアカマツ、クロマツ、スギ、ヒノキ、マツなど針葉樹の葉を後食する。後食による食害は6月上旬から始まり、6月中・下旬にピークとなる。過去にしばしば大発生し、スギ・ヒノキ林や、アカマツ・クロマツ林で大きな被害をもたらしたことがある。2年1化。
                       
クロマツ上のウスイロサルハムシ成虫 ウスイロサルハムシ成虫による後食痕

データ一覧へ